ブログネタ
吹奏楽&ブラスバンド(金管バンド) に参加中!

須川さん、初めての体験!


ソニー吹奏楽団といえば、吹奏楽コンクールでも有名な団体で、なんでこのバンドの取材を決定したのか疑問に感じていました。 ともあれ、アマチュアではあっても、安心して聴けるバンドの場合、どこでどのような挑戦をして、どのような魅力ある音楽を作るのか興味をそそられました。

そこで今回の取材でターゲットになったのは・・・
この女性のかた。
なんと・・・自宅にマリンバを所有しておられるのです!
しかも・・・ピアノも4歳の時から学んでいるそうです!
そして・・・音楽大学を卒業されているそうです!

え?
驚くのはそこではない?

ふふふ・・・
見ましたか?
視ましたね?

そう・・・
彼女は・・・
音楽を演奏する上で大きなハンディキャップを抱えていました。

耳が不自由なのです。 ( ̄∇ ̄lll) え"?

彼女は全体の動きを把握して打楽器を担当しているそうです。
呼吸する時の肩の上下、演奏する指の動き、そして指揮者のタクト。
ある意味、武道の達人に通じそうな感覚を持っているのかもしれません。
そんなハンディキャップを感じさせずに音楽に取り組む真摯な姿勢。
健聴者と呼ばれる私たちにとって、日々の生活を見つめなおさせる衝撃的なドキュメントでした・・・(汗)

そんな彼女が須川さんと音の掛け合いに挑戦するのですから・・・