定期演奏会でも再確認してきましたが、顧問の新堀先生によれば、

1・2月は吹奏楽部の活動をオフ期間

にしているそうです。
理由は簡単。 
1・2月の商業高校は、ほぼ毎週検定試験が集中して開催されております。
卒業か決まっている3年生ですら忙しい毎週なのです。 
年明け早々からなのです。

なので、ここは思い切り良くオフ機関にしよう! 
ということになったそうです。 

なので、吹奏楽部の活動期間は3月〜12月となります。 2月下旬になると、どのみち定期試験期間がかぶさってきますしね。 この部分は生徒からよほど強い要望がない限り変わらないと思います。 

また、土日の練習は基本的にナシ!としているそうです。 現在の都立高校だと、教職の負担が大きいこと、生徒の側にも余裕が無いことで、部活動で全国に!なんていう絵空事で学業や授業をおざなりに出来ない状況のようです。
あと、たしか水曜日は軽音楽部に音楽室を貸していたような。 どこか住宅地と接していない校庭に面した教室を防音施工した視聴覚室を作れば良いと思うのですけれどね。 昔は学校の周りは畑でしたが・・・

ま、今の吹奏楽部はこんな状況下での練習となっているそうです。 なので、春から秋にかけて、地域活動で様子を確認するしかないようですね。